読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

マダム・エドワルダ/目玉の話


『マダム・エドワルダ/目玉の話』(バタイユ/中条省平訳) <講談社古典新訳文庫> 読了。

 

いずれも「エロチック」という言葉だけでは表せないような内容だ。
ただのエロチックでもないし、エロチックだけでもない、としか言いようがない。

「マダム・エドワルダ」は展開が早く、難解で、最初は全く追いつくことができなかった。
そこでもう一度読んだ。二回目に読んだ時、何とも言えない高揚感に包まれた。
ただのエロチックでもなく、エロチックだけでもない、というのがこの感情に現れているように思う。

「目玉の話」はこれまで「眼球譚」というタイトルで知られていた物語だ。
なぜ「眼球譚」ではなく「目玉の話」になったかは解説に書かれている。
まあ、好みの問題のような気もするが……。
ちなみに、「眼球譚」の生田耕作訳は、「初稿版」と「新版」それぞれを底本とする翻訳を何種類か出しているらしいが、「目玉の話」では「新版」を翻訳の底本としたとのこと。
それだけ「初稿版」と「新版」とでは内容が異なるらしい。
「初稿版」を読まれた方は「新版」もぜひ。

「目玉の話」は内容の濃い、様々なシーンで作られた作品だ。
どのシーンも圧倒的な迫力で、ぐいぐい読まされる。

個人的にはものすごくおすすめ本なのだが、内容が内容だけに一般向けにおすすめできないのがもどかしい。