読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

一九八四年

『一九八四年』(ジョージ・オーウェル/高橋和久訳) <ハヤカワepi文庫> 読了。

 

いかに「情報」が大事か。
「情報」に付随する「解釈」をそのまま受け取ることなく、あくまで参考にして、自分で解釈することがとても重要なことである。
できれば、「情報」のソースも確認する必要があるだろう。かなり難しいことだが。

以上は、前半を読んだ時に私が持っていた感想。
この作品はそれに留まりません。実はもっと徹底した内容なのだ。


『一九八四年』について漠然と知っている方も多いと思うが、ここに書かれた「徹底さ」はとても想像できる範囲ではなく、実際に読んでみないと経験できないことだ。
『一九八四年』という作品、あるいはその内容に関心のある方は、想像ではなく、ぜひとも実際に読まれることをおすすめする。

一九八四年