読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

カンガルー日和

カンガルー日和』(村上春樹) <講談社文庫> 読了。

 

17の掌編と一つの短編集。
あとがきには「23編」と書かれているので、文庫落ちするときに5編が除かれたようだ。
掌編とはいえ、村上ワールドいっぱいの作品ばかりなので、結構お腹いっぱい。

短編は「図書館奇譚」。
『ふしぎな図書館』というタイトルで絵本になった作品。
さらに、独立して『図書館奇譚』というタイトルで単行本化もされている。

長編、短編どちらも書く作家は多くいると思うが、どちらも同じくらい面白い作家はなかなかおられないと思う。

 

<収録作品>

カンガルー日和

・4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて

・眠い

・タクシーに乗った吸血鬼

・彼女の町と、彼女の緬羊

・あしか祭り

・鏡

・1963/1982年のイパネマ娘

バート・バカラックはお好き?

・5月の海岸線

・駄目になった王国

・32歳のデイトリッパー

・とんがり焼きの盛衰

・チーズ・ケーキのような形をした僕の貧乏

・スパゲティーの年に

・かいつぶり

・サウスベイ・ストラット

・図書館奇譚