読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

ヘンリ・ライクロフトの私記

『ヘンリ・ライクロフトの私記』(ギッシング/平井正穂訳) <岩波文庫> 読了。

 


作家家業がうまくいかず、ずっと貧困に苦しんでいた"作者"が、友人から遺産年金を送られ、田舎で悠々自適の暮らしを満喫できるようになった、という内容。

これだけの紹介だとなんだか詰まらなさそうだが、"作者"の本への愛や散策での自然描写が素晴らしく、これぞ読む価値のある作品だ。
中には政治や経済、イギリスの国民性などを熱く語った、あまり興味の引かれない節もあるが、それを差っ引いても本好きの方(ただし購入派に限る!)、自然の好きな方には必読の書だと言って過言ではない。

章立ても序文は別にして「春」「夏」「秋」「冬」となっており、それだけでも何か惹きつけられるものがある。

ヘンリ・ライクロフトの私記