読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

『銃』(中村文則) <河出文庫> 読了です。
「銃」と「火」が収録されている。

「銃」はとにかくものすごい!


拳銃によって毀れていく様子が一人称で語られていくその手法は、やはり中村文則でしか書けなかったんじゃないかと思わされる。
読後はぞわっと鳥肌が立ちました。(これは東野圭吾の『白夜行』以来のこと)
これがデビュー作とは驚きだ。


『何もかも憂鬱な夜に』で、読まなければならない作家だと思ったのは間違いではなかったようだ。
先物買いで文庫化された作品はすべて積読してあるが、これから読んでいくのが本当に楽しみだ。

「火」はどこかホラーめいた作品。
中村文則の作品の感想を読むとよく「悪」というキーワードが出てくるが、その「悪」なんだろう。
女性が読むと、さらに効果的なんだろうな、と思った。

銃