読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

鬼談百景

『鬼談百景』(小野不由美) <角川文庫> 読了。

怪談集。
まあ、よくある怪談かな、といった感じだ。
怪談の最後に「実はこうだった」というオチ(怪談的な意味で)をつけないのは好感がもてる。
最近はオチをつけないのが流行りなのかな。
理由が分からないのはより不気味な感じがする。

実際に見てしまったり死んでしまったりする話よりも、音だけとか雰囲気だけとかの方が私には好みだ。
そういう意味ではなかなか興味深く読めた作品。

「百景」とありますが、実は九十九話しかない。
最後の一話は『残穢』なんじゃないかと思っている。

ということで、次は『残穢』に挑戦。