読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

終の住処

『終の住処』(磯崎憲一郎) <新潮文庫> 読了。
「終の住処」と「ペナント」の二短編が収録されている。

デヴィッド・リンチの映画を観たかのような読感だった。

実は、「終の住処」を読んだときはうまくとらえることができず、ただただ困惑していたのだが、「ペナント」を読んで「ああ、そういうことなんだ」と思うことができた。

一言でいうなら、物語でない小説なのだ。
一つ一つの細かいエピソードがそのまま一つの作品であり、作品群として一つの短編が形成されていると私は理解した。

たまたま「終の住処」が芥川賞受賞作だったため、表題も「終の住処」になり収録順も「終の住処」が先になっているが、「ペナント」の方が作風を良く理解できるんじゃないかと思う。

もし読まれるなら、先に「ペナント」を読まれて、磯崎作品に慣れてから「終の住処」を読まれることをおすすめする。