読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

悪と仮面のルール

『悪と仮面のルール』(中村文則) <講談社文庫> 読了。

最初はなかなか物語に入っていけなくてどうなることかと思ったが、「第三部」に入ってから面白くなってきた。

中村文則は一貫したテーマを持っていて、この作品もその中で何とか答えを出そうとしているように読める。
それが成功しているかどうかはまた別の問題として。

しかし、それにしても何かと饒舌すぎるように思われる。
もうちょっと落ち着いてはどうかな。
作品自体も、第三部から入って全く問題ないように思う。
というか、第一部、第二部は書きすぎ。
第三部以降もちょくちょくそんな感じがする。

悪と仮面のルール