読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

今年の総括・年越本・手元に残した本

■ 今年の総括

今年は何といっても第三の新人に出会えたのが大きかったです。
言葉としては知っていましたが、こんなに魅力的な作品だったとは!
去年は安岡章太郎の『海辺の光景』が合わなくてどうかと思ったのですが、今年読んだ小島信夫庄野潤三小沼丹はどれも面白く読むことができました。
来年は吉行淳之介にも挑戦したいと思っています。

現代の作家では、川上未映子磯崎憲一郎が良かったです。

小島信夫庄野潤三小沼丹川上未映子磯崎憲一郎は引き続きいろんな作品を読んでみたいです。

全集では、去年から読み始めた芥川龍之介を読み終え、太宰治全集を今年中に読み終えました。
どちらも全集で読むべき作家だと思いました。

今は森鴎外全集に手を付け始めています。


■ 今年から来年への年越本

『ジャン・クリストフ』(ロマン・ロラン) <岩波文庫>


■ 今年の「手元に残した本」
# 趣味の本や全集は省いています。

戦争と平和』(トルストイ) <新潮文庫>
『乳と卵』(川上未映子) <文春文庫>
『銃』(中村文則) <河出文庫>
『遮光』(中村文則) <新潮文庫>
抱擁家族』(小島信夫) <講談社文芸文庫>
『土の中の子供』(中村文則) <新潮文庫>
『終の住処』(磯崎憲一郎) <新潮文庫>
『悪意の手記』(中村文則) <新潮文庫>
『プールサイド小景・静物』(庄野潤三) <新潮文庫>
『最後の命』(中村文則) <講談社文庫>
『世界の果て』(中村文則) <文春文庫>
『村のエトランジェ』(小沼丹) <講談社文芸文庫>
『掏摸』(中村文則) <河出文庫>
『悪と仮面のルール』(中村文則) <講談社文庫>
『王国』(中村文則) <河出文庫>
『迷宮』(中村文則) <新潮文庫>