本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

森鴎外全集7、8 伊沢蘭軒

森鴎外全集7 伊沢蘭軒 上』
森鴎外全集8 伊沢蘭軒 下』
森鴎外)<ちくま文庫>
読了。

伊沢蘭軒は1777年に生まれ1829年に歿した江戸時代の医者。福山藩主阿部家に仕えた。
脚疾のため様々な弊害があったが、主君に大変重用された。
風流人でもあり、漢詩をよくした。

鴎外が伊沢蘭軒の伝記を編もうと思い立ったのは、先作で取り上げた渋江抽斎の師であり、また、さまざまな文献が集まる中で、鴎外の心に留まる生活が多く見られたからだろう。

全950ページほどになるが、ほぼ書簡、日記、墓碑などの抜粋で占められており、たまに子孫から聞かされるちょっとしたエピソードが取り上げられる。
当時生きていた人々と比べても取り立てておもしろい話などほとんどないにも関わらず、それでも一つ一つ読み進めてしまう。
それは残すべき記録の選択、テンポ、時折顔を出す鴎外の言葉によって、次へ次へと導かれるからなのだが、本当に鴎外の天才ぶりには驚かされる。

とはいえ、決して万人向けの作品とはとても言えない。
発表当時から激しい罵詈雑言を浴びていたことが、作品の最後に明かされている。
鴎外は最後に、なぜそれほど非難されたのかと考察しているが、新聞掲載だったがために、読む興味を持つことができない作品に強制的に目をやらなければならない人々が多かっただけだろう。
現代でも読み切る人はそれほど多くはないのではないだろうか。

いわゆる、「史伝」と呼ばれる作品群の一つ。
鴎外がライフワークのように取り組んだ「史伝」についてどのように定義されているのか、浅学にして私はよく知らない。
この作品を読むまでは、単に歴史上の人物を取り上げた作品をそう呼ぶのかと思っていた。
阿部一族」や「大塩平八郎」のような作品もそれに含まれるのかと思っていた。

しかし、この作品を最後まで読めばそれは違うことがわかる。
鴎外は最後にこう書いている。
----------
わたくしは筆を行るに当って事実を伝うることを専にし、努て叙事の想像に渉ることを避けた。
(中略)
わたくしは学界の等閑視する所の人物を以て、幾多価値の判断に侵蝕せられざる好き対象となした。
----------
つまり、記録を想像で補って読み物を紡ぎ出すのではなく、記録のみに従い、また、まだ世間に判断の行われていない人物を描き出したかった、ということだろう。
----------
わたくしはこの試験を行うに当って、前に渋江抽斎より始め、今また次ぐに伊沢蘭軒を以てした。
----------
とあるとおり、鴎外の史伝は「渋江抽斎」「伊沢蘭軒」であるのだろう。
また、未読なのでおそらくだが、その後もいくつかの試みを為したのだろう。

私はこの作品を、昨年12月半ばから初めて、7月半ばにようやく終えた。
時間がかかったのは、興味を持てずにたびたび置いたからではない。
先に伊沢蘭軒漢詩をよくした、と書いたが、日記や書簡も漢文調に書かれているケースがほとんどで、内容をたどるのに時間がかかったためである。
こういった面も人を諦めさせる要因の一つだと思うが、鴎外の文才に浸りたい方はぜひ挑戦してほしいと思う。

最後に。

私はこの作品を古本で買った。
本中に、先の持ち主が挟んだのであろうレシートが残っていた。
ともに「文学館 伊丹駅前店」で購入されており、上巻は1996年05月10日、下巻は1996年06月01日の日付が記録されている。
おそらく、発売されたときに間をおかず購入されたのだろう。
どういう経緯で手放されたのかはわからないが、ともに真ん中らへんに挟まれていたことを見ると、読了されなかったのではないか、と思われた。
今、この作品を読み終わって、前の持ち主の方の分も重ねて読んだような気分になっている。

今年の総括、手元に残した本、年越本

■ 今年の総括
今年読了した本は16冊でした。
昨年は読めなくて27冊でしたが、今年はさらに読めない年でした。
荘子四冊を読んだこととかスマホデビューして時間の使い方が変わってきたりしたことが影響していると思います。

今年は山尾悠子の作品に出会えたことが大きなトピックです。
言葉を選ぶ繊細な感覚、ストーリーのおもしろさ、全体的な構成の見事さが、夢のような作品世界の中に浮かんでいるその作風に大変魅了されました。

前述した荘子を読んだことも私にとっては大きな出来事でした。
これまで三回ぐらい読んでいますが、今年読んだことはとりわけ意味があったと思います。

スマホデビューしたことで蔵書管理をアプリでできるようになりました。
まだ蔵書の登録は1/3程度しか進んでいませんが、スマホデビュー以降に購入した本はバーコード読み取りで簡単に管理できるので、本当に便利です。
その他、本を読んでいて気になる言葉もその場で記録したり調べたりすることができ、スマホの有無でこんなに生活が変わるんだな、と思いました。
それでも、紙の辞書は買ってしまうんですけどね。


■ 手元に残した本
今年読んだ本で手元に残すことにした本です。
再読した本や全集、専門書などは除きます。

ラピスラズリ』(山尾悠子)<ちくま文庫
『卍』(谷崎潤一郎)<中公文庫>
『すべて真夜中の恋人たち』(川上未映子)<講談社文庫>
『六号病棟・退屈な話』(チェーホフ/松下裕訳)<岩波文庫
『ポトスライムの舟』(津村記久子)<講談社文庫>


■ 年越本
今読んでいる『森鴎外全集7』がそのまま年越本になりそうです。
伊沢蘭軒という江戸時代の医師の生活を描いた、いわゆる「史伝」と呼ばれる作品です。

ポトスライムの舟

『ポトスライムの舟』(津村記久子)<講談社文庫>
読了。

うーん、好きなタイプの作風かもしれない。

特に大きな事件が起こるわけでもなく、日常の様子がユーモアを交えながら丁寧に描かれている。
作品の世界が一度には説明されず、少しずつ描かれる日常から読者が少しずつ組み立てなければならない。
すべてを説明しないから、それでもどこかに謎が残されたままになる……。

うーん、いや、良いです!

仕事や職場を舞台にした作品と聞いていたので読むつもりはなかったが、あまりに評判がよかったため、ほとんどイヤイヤ購入してイヤイヤ読み始めたぐらいなのだが、読んでよかった!

さて、気になるのは主人公の人称。
こういう作品を読むと、「“わたし”でええやん」と思ってしまうことが多い。
この作品もそのように思いながら読み進めるうちに、そういう思いを忘れてしまった。
読み終わってふと思い出して、改めて「“わたし”でいいのか?」と考えると、どうも“わたし”ではしっくりこない。

解説で安藤礼二がそこをうまく説明していて、「実は外面から見た客観的な描写なのである」がために、“わたし”だとしっくりこないのだ。
そういうところはほとんど経験したことがない表現だった。

解説については、後半で津村記久子のその他の作品の解説も始まってしまうので、まだあまり読んでいない方は、前半だけ読むことをおすすめしたい。

併録の「十二月の窓辺」は重い内容だった。
さらにテーマ性のようなものや伏線回収のようなものもあり、私にとってはあまり好みの作品ではなかった。
最初にこの中編を読んでいたら、もう津村記久子は読まなかったかもしれない。

しかし、このテーマ性は実は今私が実生活で感じているところでもあり、そこは勉強になった。

なにはともあれ、今後も読んでいきたい作家がまた増えた。

六号病棟・退屈な話

『六号病棟・退屈な話』(チェーホフ / 松下裕訳)<岩波文庫> 読了。

ずっと前にナボコフの『文学講義』を読んだとき、ナボコフが読書に求めているものが私とそっくりなことを嬉しく思った。
その『文学講義』の中でとりわけチェーホフを称賛していたので、ずっと読むことを楽しみにしていた。
それからずいぶん時間がかかったが、ようやく読み始め、読み終えることができた。

短編四編、中編三編の小説集。

最初に掲載されている「脱走者」で「なるほど、チェーホフを読んで良かった!」と思えた。
大きな事件が起こるわけではないが、情景と出来事がまるで見ているかのように生き生きと描写されている。
これぞナボコフが褒め、私が求めているものだ、と思った。

「六号病棟」「退屈な話」も同様。中編だが、大きな事件が起こるわけではない。
ちょっとした出来事の積み重ねが丹念に描かれ、運命的な結末までごく自然に受け入れられる。
情景描写も見事だし、心情描写も見事だと思う。

特に「退屈な話」はタイトルこそ退屈と言っているが、とんでもない!
チェーホフの代表作といってもいいんじゃないかとすら思える。
もちろん、この小説集が初めてのチェーホフなので、とても断言はできないけども。
チェーホフはこれを29歳で書いてしまったらしい。
本当に、才能というものはあるところにあるものだと思う。

実は、上に挙げた三篇は本当に素晴らしいと思ったが、その他の作品はあまり私にはおもしろいと思えなかった。
チェーホフの真髄である描写力にはまったく遜色はないが、そうは言ってもやはり内容だろうか。
こうなるともう読者の好みとしか言いようがない。

訳者による解説は、作品でチェーホフが取り上げたかったというテーマ性について書かれている。
私は作品にテーマ性を求めていないので何とも言えないが、まあ専門家が言うのであればきっとそうなのだろう。

 

【収録】

 脱走者

 チフス

 アニュータ

 敵

 黒衣の僧

 六号病棟

 退屈な話

荘子 第三冊(雑篇)

荘子 第四冊』(金谷治訳注)<岩波文庫> 読了。

今年のゴールデンウィークから読み始めた荘子も、ようやく読了となった。
二年前の春以降、いろんなことが起こり、いろんなことを考えて試してきて、ある程度「これでいけるかもしれない」と思えるようになった。
そんな今、私の人生の中で良くも悪くも心の拠り所であった荘子を読むとどんなことを感じられるだろう、という思いから読み始めたものだ。
結果的に、今読んで良かったと思った。
私の今の立ち位置の支えと思えただけでなく、ぼんやり思っていたことを明らかにしてもらったり、新たな気づきを与えてくれたりしたように思う。
また、中に含まれる危険な意見にも気づくことができた。もちろん、私の成長や考えが足りないだけかもしれないが。

今後の人生を通して、荘子は私の拠り所となるのだろうと思う。

第四冊は外篇の八篇を収録している。
第三巻に引き続いて数は少ないが、いつものように「これは」と思う章を挙げたい。

----------

【外物篇 八】荘子、遊を語る
荘子は言う。
遊ぶことができる人は、どんな境遇にいても遊べる。
古い考えに固執する人は、世俗を批判的に見てしまうものだ。
世俗に立ち交じって遊び、人に従順でありながらも自分を失わず、特定の考えに固執しないし対立もしない、という立場が理想なのだ。

【外物篇 十二】世間の価値観に従う愚かさ
親に死なれ喪中の礼を守ってすっかり痩せ衰えた男が称賛され、その後街にはそれを真似て親に死なれて命を落とすものが増えた。
許由や務光の故事に倣って請われもしないのに世間を避けた男を賢人だと考え、諸侯は彼を慰問した。
バカバカしいことではないか。

【外物篇 十三】言葉というもの
魚を捕える罠は、魚を捕えたら忘れてしまってよい。
兎を捕える罠は、兎を捕えたら忘れてしまってよい。
同じように、言葉は「それ」を捉えるものである。「それ」を捉えることができれば、言葉は忘れてしまってよい。

【寓言篇 三】曾参への批判
曾参は仕官して多くの俸禄がもらえるようになったが、もう親が亡くなり孝行できないことを悲しんだ。
俸禄が多くても喜ばないことを「外物に惑わされない境地」と考える弟子に、孔子は「本当に外物に惑わされない人物は悲しむこともないし、俸禄が多かろうが少なかろうが構おうとしない」と批判した。

【寓言篇 四】顔成子游の言葉
いったいどこに目指していくところがあるのか。
いったいどこにいかないように避けるところがあるのか。
人間にはどこに「自然なあり方」というものがあるのか。
主宰者の命令というものがあるとも言えるしあるとは言えないとも言える。
鬼神がいるとも言えるしいないとも言える。

【譲王篇 六】列子、宰相の贈り物を断る
列子は貧乏のどん底にあったが、その人となりを聞いた宰相が列子に食べ物を贈った。
しかし列子は贈り物を断った。
妻がその仕打ちを問い詰めると、列子はこのように答えた。
「彼は自分で判断したのではなく、世間の噂で判断したのだ。私を罪に落とすときも、自分で判断せず、世間の噂で判断するだろう」

----------

最後に、天下篇は古代中国の様々な思想を評価した篇で、荘子のことを「まだ十分に極め尽くしていない」と評価している。
他の思想への評価を読むと、天下編の著者はどうやら「外には他者に寛大、内には自身の充足」という観点で評価しているようだ。
ここで充足というのは、生きることに満ち足りている、ということだ。
そういう意味で、実は老子の評価が最も高い。
そして荘子の足りないところとしては「外からの患いを避けることができない」と指摘している。
しかし、荘子の思想では、患いと患いでないものとの間に区別はないのではないか。
外からそれがくるのであれば、それを避けずに受けるのが荘子の思想のあり方で、それを「極め尽くしていない」と評価するのは的を外しているように思う。
私の荘子への身贔屓かもしれない。

荘子 第三冊(外篇、雑篇)

荘子 第三冊』(金谷治訳注)<岩波文庫> 読了。

第二冊から引き続き外篇の五篇と、雑篇の三篇が収録されている。

もちろん意図したわけではなく、単に順番に適切な量を収録しているだけだろうが、第二冊と比べると比較的荘子の思想をそのまま述べたものが多いように感じられた。
逆に言えば、今まで見てきたものがまた出てきたような印象も受ける。
(ひとつ、自分の外部の事物に心を取られてしまう、という話が目立つのが特徴といえばいえるかもしれない)

そういう意味であえてここから取り出さなければならないものも少なく、また、訴えるものが感じられてもその章全体として見ると受け取り難いものもあった。

そんな中から、印象の強かった章を挙げてみたいと思う。

----------

【田子方篇 四】孔子老子の会話
孔子老子に会いに行くと、枯木のような様子で立っていた。
老子孔子に「とても言い表すことはできないが、試しに話してみよう」と、その境地を語る。

「遊」という荘子の思想を表した章。
内篇にはよく出てくるが、外篇や雑篇ではあまり見かけない話で、新鮮な感じがする。

【知北遊篇 一】知と黄帝の問答
道について「答える」ということすら知らなかった無為謂、答えようとしてそれを忘れてしまった狂屈、答えた黄帝のいずれが道を知っていたことになるのか。

再三「言葉で言い表せない」と言われているが、書物という特性上、やはりどうしても言葉でしか伝えることができない。
読んでいるとそういうことを忘れてしまうが、大事なのは言葉ではなく「それ」であることを思い出させてくれる。

【徐無鬼篇 十一】子棊の子どもへの予言
子棊の子どもの一人が「一国の王とおなじ料理を食べて一生を終える」と予言され、子棊は悲しむ。
王と同じ待遇を受けるという予言なのにと訝しく思われるが、このような奇怪な予言は運命だろうと答える。
果たして、その子どもは誘拐されて足を切られて売り飛ばされ、肉屋の親方の元で王と同じように肉を食って一生を終えた。

好ましいように思える前兆も結果どうなるかはわからない。
それを運命と受け取るしかない。

【則陽篇 八】霊公という諡の所以
孔子の「なぜ霊公は霊公という諡を受けたのか」との問いかけに、三人がぞれぞれに答える。
一般世間に通じる答えを出すことはできるが、なぜ「そう」なのかは誰にもわからない。

----------

 

ガードナーの予期せぬ絞首刑

『ガードナーの予期せぬ絞首刑』
(マーティン・ガードナー/岩沢宏和,上原隆平 監訳)<日本評論社
読了。

2017年5月の刊行で、二年あまりかけてようやく読み終えた。
いろいろ忙しかったり生活スタイルが変わったりしたこともあるが、内容も盛りだくさんで難しかったような気がする。

数学ゲーム全集の第四巻だが、これを読んでいる間に新しい巻が刊行されなかった。
まだ残り11巻もあるが、すべて刊行されるだろうか……。

以下、ざっと内容をご紹介。

○予期せぬ絞首刑のパラドックス

 判決どおりの絞首刑執行は可能か?

○結び目とボロミアン環

 外せない輪で囲まれた曲面

超越数e

 自然界や日常生活に現れる e

○図形の裁ち合わせ

 図形を切って組んで新しい図形を作る

○スカーニとギャンブル

 ギャンブルに勝つ方法

○4次元教会

 4次元世界の教会での会話

○パズル8題

 女か虎か

○マッチ箱式ゲーム学習機

 マッチ箱で作る自己学習機械

○螺旋

 さまざまな螺旋の性質

○回転と鏡映

 逆さに見た絵は何に見えるか?

○ペグソリティア

 パズルゲーム「ペグソリティア」の性質

○フラットランド

 平面世界の住人

○シカゴマジック大会

 簡単にできる超絶マジック

○割り切れるかどうかの判定法

 7で割り切れるかどうかはすぐに分かるか?

○パズル9題

 2連勝するにはどう始めるべきか

○エイトクイーンとチェス盤の分割問題

 チェス盤を使ったパズル

○ひもの輪

 あやとりあそび

○定幅曲線

 円以外のタイヤは可能か?

○レプタイル

 自分自身と同じ形の分割

○なぞかけ36題

 一見難しそうに見えるなぞなぞ