読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

東京奇譚集

東京奇譚集』(村上春樹) <新潮文庫> 読了。

 

五編からなる短編集です。
どの作品も、あることをきっかけに生き方のようなものが変化したことを表す物語のように思った。
まあ、中には「どこであれそれが見つかりそうな場所で」のように、「きっかけ」を探している話もあるのだけれど。

短編にしろ長編にしろ、以前の村上作品は、「きっかけ」にたどり着くまでがメインの物語で、「きっかけ」を手にした人がどうすればいいのか戸惑って終わるような作品が多かったように思う。
しかし、最近の作品では、「きっかけ」の前後のバランスがうまくとれて書けているような気がする。
# 長編は『海辺のカフカ』までしか読んでないが……。

今のところ、「きっかけ」がいい方向に転がる話が多いように思うが、これからはもっといろんな方向に発展するんじゃないかと思ったりする。

いずれにしろ、言わずもがなですが、今後の作品が楽しみな作家である。

 

<収録作品>

・偶然の旅人

・ハナレイ・ベイ

・どこであれそれが見つかりそうな場所で

・日々移動する腎臓のかたちをした石

品川猿

東京奇譚集