読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

乳と卵

『乳と卵』(川上未映子)<文春文庫> 読了。

ずっと女性の性が赤裸々に綴られていて、やっぱり男の私としては辛いものがあった。
しかし、最後のあの爆発!
これで一気に印象が変わった。
最初からの流れをうまく汲み取りながら、最後のあのシーンにつなげるセンス。
すごくいい作品だと思う。

彼女の文体は賛否両論あるようですが、私は平気だった。
これも彼女の持ち味だ。

並録されている「あなたたちの恋愛は瀕死」もいい作品だった。
どこか古井由吉の『杳子』を思い出させる。

彼女の作品は今後も読んでいきたいと思う。