読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

抱擁家族

抱擁家族』(小島信夫) <講談社文芸文庫> 読了。

最初はなかなか入り込めなかったが、最初の話題から次の話題に移ったころから俄然面白くなり、そこからは最後まで興味深く読むことができた。

淡々とした文体は、誰が何をしゃべっているのか分からなくなるくらい。
しかし、その奥に潜んでいる「何か」は常に存在感を持っていて、それを探りながら読み進めていく面白さがある。

「最初の話題から次の話題に移ったころから」面白くなったと書きましたが、それは最初の話が他の箇所と比べて劣っているとか興味ないとかではなく、単に私の価値観と書かれている内容とが反していたためだった。
ずっとあるテーマに沿って書かれており、そういう意味ではどの話題も共通して興味深いと言える。

小島信夫の作品は初めて読んだ。
文体や、その底に潜んでいるもの、いろんなことを探りながら読ませるところが非常に好感を持てる。
他の作品も読んでみたい。