読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

何もかも憂鬱な夜に

『何もかも憂鬱な夜に』(中村文則) <集英社文庫> 読了。

 

目をそむけたいほど暗い内容だけど、ぐいぐい引き込まれてしまうものすごい文章力。

久しぶりに「本物をみた」という印象を持った。

 

この作品で、本の読み方というものを教えてもらったような気がする。

「どんなお話か」が重要なのではなく、「どのように書かれているか」が重要なのだ。

 

この一冊を読んだだけで中村文則に惚れこんでしまい、出ている文庫本を全部購入した。

あれから何冊か読んでいるが、今のところどれも期待に沿う、あるいは期待以上の作品ばかりで嬉しい限りである。