読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

海辺のカフカ

海辺のカフカ』[全二冊] (村上春樹) <新潮文庫> 読了。

 

久々の村上作品です。疲れを感じた。
もちろん、心地よい疲れだ。

村上春樹って、こんなに濃い作風だったかな。もっとライトな感じだったと思うのだが。
以前は「意味あり気」なのが面白くて読んでいたのだが、この作品は単純にその濃さを楽しむことができた。
もちろん、「意味あり気」なのは変わっていない。

村上春樹はある「世界」を描いていて、それが作品の中に留まらず、私の住んでいるこの世界がその「世界」であるかのように感じられる。
まるでこの世界でも何かが起こるかのようだ。

村上作品は『ねじまき鳥クロニクル』以前の作品から『ねじまき鳥クロニクル』、そして『スプートニクの恋人』とある進展を見せており、この『海辺のカフカ』でそれが極まったように思う。
今後の作品でそれがどのように進んでいくのか、どのように変化していくのか、とても楽しみだ。