読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とパズルのブログ

人生は一冊の本である。人生は一つのパズルである。

村のエトランジェ

『村のエトランジェ』(小沼丹) <講談社文芸文庫> 読了。

初期の作品集のため、様々な文体で表されているが、ほとんどどの作品も面白く読めた。
特に「紅い花」「白孔雀のいるホテル」「村のエトランジェ」は傑作。

小沼丹(おぬまたん)はいわゆる第三の新人に属する作家で、今ではほとんど忘れられているようだが(私も紹介いただくまで知らなかった)、これほどの作品を書く作家が忘れられるなんてもったい。

第三の新人の作風があまり派手でないためか、どうしても埋もれてしまう傾向があるように思う。本当につくづく残念だ。

どうも私は第三の新人と相性がいいようで、これまで小島信夫庄野潤三と、興味深い作家を紹介いただいた。
小沼丹もこれからも読んでみようと思う。
あと、吉行淳之介も何か読みたいと思っている。

 

<収録作品>

紅い花

汽船

バルセロナの書盗

白い機影

登仙譚

白孔雀のいるホテル

ニコデモ

村のエトランジェ